読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーのお受験奮闘日記 小学校受験編

3児のワーママ お受験備忘録です。

ペーパーで出来ない問題

できない問題、
たいして難しい問題でもないのに
なんでできないのー??
何度説明しても、はてな顔の我が子。
もしくはママが怖いから
分かったふりの我が子。
途方にくれます。

先生の、この問題ができてない方は
必ず次までにできるようにの言葉に
…ドキリ。
皆さんできてるのかしら。うちだけ?
必死でうちの子はできてるわと
平静顔を装います。
そして家に帰って怒涛の復習です。

怒涛の復習、良いのです。
先生たちはそのために仰ってます。
そこで奮起しないお母様のお子様は残念ながら受かりません。
復習復習と躍起になる自分をちゃんと褒めてあげてください。
私頑張ってるじゃない。
分析して、コピーして、修正液使って
女優になって子供を盛り上げてって。
子供に怒らずに済みます。
そして冷静に復習。
丁寧に。残念ながら子供は忘れます。
前に教えたじゃないの言葉は意味がないのでナシ。
前に教えたと言っても分からないものは分からない。
あくまでも丁寧に根気よく。
それでも分からない、理解できていない?
パターンを変えるとできない、などは
先生にご相談してみるか
もしくは、2ヶ月くらい経ってから
もう一度解いてみる。

あんなに出来なかった問題が、数ヶ月には
すんなり解けた。よくある話です。
最終的に、年長の秋に解けるようになっていれば良いのです。

あるお父様が、
お母さんがキレてる家は受かってるよね
と仰っていました。

思わず笑ってしまいましたが
言い得て妙でした。


いつも読んでくださり感謝致します。
明日も素晴らしい一日になりますように。