読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーのお受験奮闘日記 小学校受験編

3児のワーママ お受験備忘録です。

大手塾か個人塾か 1

11月も終わりに。
私立小学校の結果が出揃いました。
お疲れ様でした。
国立まで頑張っていらっしゃる方、
長丁場になりますが、体調を整えられて
家族一つになって良い時間が過ごせますように。

幼稚園小学校受験
塾選びが非常に重要になります。
中学受験と違うところは、
偏差値が存在しないこと、
6歳の子の試験であるということ、
6歳の子は両親のメンタルの影響をダイレクトに受けます。
ご両親が先生に相談しやすい雰囲気、
引っ張っていって下さる塾が良いと思います。

大手塾は、私の周りに多かったのは
こぐま会とジャック。
最大手の伸芽会はほとんどいらっしゃらなかったです。
平たく言うと、伸芽会は受からない印象です。
体験も行きましたが、授業もアルバイト?のような先生で
質問しても??な答え。
営業の方はやけに熱心。ご自身が私立小学校出身で、うちの娘を見て
受験に向いていらっしゃいます!
とのこと。???です。
耳触りの良いことを言うけど
合格者人数も校舎ごとは公表していなく
聞いても、数字を出し渋り
校舎もキレイ、感じは悪くないけど
つっこむと、しどろもどろ
あやうい印象でした。

こぐま会は、全体的に印象がとても良かったです。
ただ共学志望の方には少し足りないので、第二の塾が必要になりそうです。
最後の最後まで、先生方も優しく
2人目もこぐまでという方も多いです。

ジャックは、1番結果に直結している印象でした。
我が家も、学校別の授業だけ取っていました。
ただ校舎ごとに担当校が決まっていて
まだ志望校が真っ白な状態のご家族は、一体どこの校舎に行ったらサッパリ分からないということになります。
授業はオール参観です。
これがまたキツイ。
お母様たちは、後ろでメモメモ、我が子も他の子の出来不出来がもろ分かりです。
それに耐えられるか。
こちらも2人目もジャックでという方が多いです。
情報量は、1番量も多く正確な印象です。
共学志望の方も沢山。男の子も多かったです。
校舎に行くと合格者が実名で貼り出されていて、よくある合格者数水増しは
ジャックは無さそうです。

大手塾は、やはり情報が豊富です。
小学校受験は情報戦です。
正確な情報を取捨選択し、分析して
我が家流にしていく必要があります。

つづく。