読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーのお受験奮闘日記 小学校受験編

3児のワーママ お受験備忘録です。

大手塾に通う意味

幼稚園小学校受験で学習を進めていく上で、ご家庭での時間が大切なことは言うまでもありません。

 

では、塾は必要ないのか。

家庭で両親が勉強をみていれば合格できるのか。

私の答えはノーです。

我が家が通っていた個人塾の尊敬すべき先生も

ご自分のお子様は塾へ入れていらっしゃいました。

なぜか。理由を聞くと勿論勉強はみることはできるが

親子ともに息が詰まるし、他人の指示を聞けないといけないからだそうです。

 

我が家は個人塾2か所、大手塾はジャックにお世話になっていました。

どこの先生も真剣に相談すれば真剣に考え答えて下さり

心強かったです。

日々の疑問点、不安な点をいつも相談できる方がそばにいること。

塾に通う重要性のひとつに挙げられると思います。

 

前回、個人塾と大手塾の比較を書きました。

 

apple614.hatenablog.com

 

個人の先生はきめ細かさ、相談しやすさはとても良いのですが

やはり情報量は少ないです。

かたよりもあります。

幼稚舎に強いお教室は幼稚舎以外の学校の研究は手薄だったり

情報が古かったりします。

その点、大手塾は情報も最新、膨大な量の受験者から

情報取集と分析された資料が手に入ります。

 

生徒も多いので、普段少人数のお教室で過ごされているお子さんには

長期休みの講習だけでも取られると良い刺激となるでしょう。

子供がごちゃっといる中でもキチンと指示が聞ける、

流されずに動けることは、本番の試験でもとても大切です。

掛け持ち禁止のお教室も多いと聞きますが、我が家が通っていた個人の先生は

多勢の中でたまにはがんばってきたらと背中を押して下さいました。

 

我が家は、大手塾はジャックに通っておりましたので

次回はジャックの良かったところをお伝え致します。

 

読んで下さりありがとうごさいました。

明日も素晴らしい一日になりますように。