読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ワーキングマザーのお受験奮闘日記 小学校受験編

3児のワーママ お受験備忘録です。

体操は必要?

試験で体操がない学校もあります。
第一志望校が体操がない学校だとしたら、
体操を習いに行く時間は
学習にあてたいと思いませんか。

受験体操のお月謝は月2万〜高いところだと4.5万のところもあります。
この分、家庭教師をつけたり
絵画教室へと思います。

結論からお話しますと
体操は幼稚園の時期は時間をさいても
通うべきだと感じます。

理由は3つ。
先ず、身体の健やかな発育を促すためです。
幼少期に使わなかった筋力は大きくなってからは、つきにくいという話もあります。
適切な時期に適切な刺激をということですね。

2つ目、受験においては
姿勢がとても大切です。それだけで
良くも悪くも目を引きます。
そのためにバレエをされているもいますが、受験期は体操の方が
併願校対策を考えても効率的です。
受けられる学校が増えます。

3つ目、体力作りのため。
受験期の年長さんは、タイトスケジュールで過ごします。
本番中は一週間近く連日試験が続きます。長いところでは試験が3時間以上のところも。
横浜雙葉はお弁当持ち6時間の試験です。体力がないと連日試験はもとより、午前午後ダブル試験なんて到底無理です。
体力があるに越したことはありません。
小学校入学してからも、電車通学は
はじめは大変です。
身体は鍛えておきましょう。

余談ですが、
後半、学習がハードになってくると
1時間の体操がストレス解消の役割を果たします。

そのような面から
受験期の体操教室オススメしています。
受験体操でなくても良いと思います。
しっかり見てくださる教室なら。
行動観察要素が強い教室か
体力強化重視か
志望校を加味して、いくつか見学すると
我が子に合った教室が見えてきます。


読んで下さってありがとうございました。
明日も楽しい一日になりますように♪♪